ホーム > 企業スローガンTOP > スローガン2011

企業スローガン

スローガン2011

「広視深識(こうしみしき)」

― 広い視野と深い知識を持つこと

※社長による造語です

 昨今の業界状況により、プロジェクトの継続や増員計画が困難な状態にあります。やはり選ばれる会社へと成長する為には、周りの景気に左右されず、どのような状況に遭遇しても対応できるプロフェッショナルな人材育成を目指す必要があると強く感じます。そこで、今年のスローガンとして「広視深識」をここに発表させて頂きます。
 「広視」の二文字では、視野を広げて、お客様の目が届いていない事柄に我が社員が目を向けて、万全の策を考えることの大切さを表しています。現状として、社内での会議や書類を見ていても、どうしても目先の事や自分が今できることばかりをアピールする報告が多く、新しい提案や発想は少なくなっています。精一杯働いているところで信頼は得られたとしても、次の手も見出せる状況を作らないと、お客様にとって当社の社員と他社の社員との違いをアピールできず、この先、何年も取引していくような継続力にはなりません。まずは単純に、「お客様は何か困っていないか?」「自分のプロジェクト以外にエフピース・ソフトは何か出来ることはないのか?」「新しいアイディアを提案してみよう!」等から行動や意識を広げていくことで構わないと思います。これまでの自分のプロジェクトの仕事をこなすだけでなく、もっと広い視野で、日頃から考える習慣をつける事が大切だと感じます。
 そして後半の「深識」の二文字には、お客様の要望を実現に結びつける方法を見出すような深い知識を持つことの必要性を伝えたい為、選びました。広い視野で得た情報をそのままを鵜呑みにするのではなく、そこから、自分の中できちんと選び取り、これまで培った知識を総動員して、提案やアイディアにつなげる力が必要になります。この力を発揮する為にも、知識を深める事が大事になります。その為には、資格取得を目指す事や今の技術・業務知識を磨く事だけでなく、将来を見込んで新しい分野にチャレンジすることも必要かもしれません。お客様や業界全体が必要としている事に対して、社員それぞれが、きちんと考え、惜しまず努力する姿勢が大事になります。
 二つの大事な行動を表した「広視深識」を実行していくと、事前にあらゆる情報をキャッチして、解決出来る事がたくさんあります。お客様から仕事を任されるという責任のあるポジションが見えてきます。そして更なる段階で、社内でのポジションも意識できるようになり、プロジェクト運営や新規プロジェクトを安心して任せる事が出来る人材へと成長すると確信しています。広く深くは、“人並み”もしくは“これまでと同じ感覚”では、足りません。とても難しい事に思われるかもしれませんが、一歩ずつでも上を目指して続ける事がプロフェッショナルな観点を身につける方法なのだと思います。そうすることにより、これまで以上にお客様のニーズに対応することが可能になるでしょう。
 五年目を迎え、より一層、お客様のご期待に応える為にも、エフピース・ソフトはお客様に選ばれるプロ集団を目指します。

2011年1月 株式会社エフピース・ソフト